早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Beat Up

2024

早大B対日大B戦・観戦記

早大B対日大B戦・観戦記

夏合宿を締めくくる形で行われたこの試合。早大Bが日大Bを圧倒した。まずは前半2分にWTB松尾雄輔(4年)がトライ。その後も手を緩めることなくトライラッシュ。前半8つ、後半7つの計15トライ。91-7と完全な勝利を収めた。
この試合キラリと光ったのがSH後藤翔太(1年)。素早い動きで相手を翻弄。3トライを挙げ、先輩SH田原耕太郎(4年)を脅かすのに十分な活躍を見せた。この後藤の活躍の裏には大先輩辻高志(平12卒=現NEC)の存在が。実は後藤、26日のOB集合日の前日に辻から付きっきりで指導を受けていたのだ。「今までまったく知らなかった技術を教えていただいた。その成果が出てきたと思います」(後藤)と本人も手応えを感じている様子。長い歴史のなかで名SHを数多く輩出してきた早大。後藤がその仲間入りする日もそう遠くはないかもしれない。<HP委員疋>

<後藤翔太試合後のコメント>
「今日はSHとしてトライはしたくなかったんです。トライを取るということよりももっと他のところ、ポイントへ速く行くことを意識していた。その点をアピールしたかった。この合宿は本当に実りのある合宿だった。辻さんには個人指導していただいたし、耕太郎(田原)さんともたくさん練習できた。吸収することがたくさんありました。(レギュラー争いは)最初から考えていたことだけどまだまだです。少しでもチャンスがあればとは思いますけど。引っ張っていってくれる先輩がたくさんいるので、自分の仕事をきちんとしていくだけです」