早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Beat Up

2024

韓国遠征記・初日(Hello from Korea)

 日本のみなさん、こんばんは。私たち早大ラグビー蹴球部御一行様は、本日午後3:30、無事、決戦の舞台ソウルに到着致しました!出発地・羽田では、ドラマ「美しき日々」の主題歌を歌うZEROに遭遇(自ら編集したというMDを無理やり?渡されるなど、熱烈なおばちゃんファンのパワーに圧倒されました…)し、金甫空港ではヨン様に出迎えられる(看板ですが…)という韓流ブームフルコースに、遠征メンバー30人のテンションもかなり上げ上げです。

 空港からバスで一時間ほどの宿泊先・コリアナホテルは街のど真ん中。建物の作りも洋風で、日本の遠征先とほとんど変わりません。日本語が意外と通じる上に、テレビではNHK、BS1,2を視聴することができます。さすがはみなさまのNHK!でも、海外にまで来て、いつもと同じニュースを見るのはちょっと悲しい気もします…。自分たちはやっぱり日本人なんだなぁと。

 と、まぁどうでもいい話はさておき、ここからは肝心のラグビー、『国際試合』の話を少し。ホテル到着後、双方の首脳陣が明日の試合に関して打ち合わせを行いましたが、これがなかなか大変でした。セレモニー開催に合わせたピッチインの時間調整、試合会場の特殊な環境(サッカーのラインとラグビーのラインが混在。人工芝のためどうやっても消せないそうです…。結論は、間違ってトライした奴が悪い!)などなど、事前にある程度聞いてはいたものの、実際に来てみなければ分からないことがたくさんありました。話を聞きながら、これが国際試合なのかなと妙に感心したり、気を引き締めたり。プレーする選手たちは大変でしょうが、これもいい経験になるはずです。

 そうそう、我等が主将・佐々木隆道が最後にポツリと言いました。「明日のレフリー(国際試合も担当したことのある方だそうです)、英語通じますかね?」。かっこえー!さすがはワセダのキャプテン!さすがは豪州留学帰り!それまでは一言も発しませんでしたが(笑)、最後はめちゃくちゃ頼もしい奴に感じられました。世界に羽ばたく男は、明日もやってくれるはずです!

 その後、監督、コーチ、主将、OBによるお食事会を開催して頂きましたが、高麗大はワセダのことをかなり知っていてビックリ。昨年のワセダの試合はほとんど見ているとのことで(NHKに加え、スカパーも視聴可能!)、今村や五郎丸の名を出すと、相手の主将は「あー、あいつね」みたいな顔をしてました。「五郎丸はジャパンで来てないよ」って言ったら、少しホッとしているように見えましたが、果たして…。今村、五郎丸、恐るべし…。

 そんな高麗大の主将(NO8)も、実はバリバリの韓国代表です。かなり期待されている選手らしく、こちらで行われるW杯予選・日本対韓国戦の出場も決まっているとのことでした。人柄も最高によく、ほんとにいい奴って感じです(明日はたくさん飲もうぜ!とりあえず夜は俺に任せろ的なことを…)。他にも5番、13番が韓国代表選手らしいので、明日の試合はなかなか楽しみです。

『佐々木組』の初戦、しかも日韓の王者同士によるアジアNO1の座を懸けた戦い。どうしても負けるわけにはいきません。日本にいる皆様も心の片隅で、ワセダのことを気にかけてくだされば幸いです。それでは今日はこの辺で。明日はいいご報告ができると信じて―

疋田 拡