早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Beat Up

2024

副務部屋第16回 NO SIDE

 副務部屋へようこそ!

 昨日は、熊谷ラグビー場にて対抗戦第2戦・対青山学院大戦がありました。結果については、TOPページの通りです。試合後には、「高橋くん握手して~」との子供の声・・。試合にも出てないのに、名前まで覚えてくれてありがとう!少年よ!恐縮です(笑)。
 ちなみに、こんなことも言われました。「ハーフタイムはチアリーダー(この日は地元の高校生が出演)もいいけど、マツケンを・・」。さすがにこの声には応えられそうにはありません(笑)

 さて、今日の副務部屋は「NO SIDE」についてです。ラグビーでは試合終了のことを「NO SIDE」と言います。試合中は、それこそ相手を粉砕しようと激しい攻防の繰り返しです。それが、レフリーの「NO SIDE」のホイッスルと共に、敵・味方がなくなるわけです。同じラガーマンとしてお互いを称えあうのです。激しいスポーツなだけに、「NO SIDE」の精神はとても意義のある素晴らしい伝統といえるでしょう。こんなにも激しいラグビーが「紳士のスポーツ」と評されるのは、このような「ラグビー精神」が根底にあるからだと思います。僕はこんなラグビーが大好きです!!

 ちなみに、写真はワセダの曽我部と青学大・鈴木貴成選手の「NO SIDE」の姿です(笑)。二人はこの日が初顔合わせです。ラグビーってすごいですね!