早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Beat Up

2024

突然の嵐… サントリーとワセダ 今年は何かが起こります!

 日韓交流の興奮?覚めやらぬ24日、超緊張のサントリー練を初敢行。今季ラグビー界を席巻するであろうトップチームとのガチンコ勝負は、『東条組』にとってそれはそれは素晴らしいものでした。

 サントリー練のメインと言えば、何と言ってもスクラム。そう、ラグビー=スクラムならぬ、サントリー練=スクラム。トップリーグで最も強い(と思われる)相手に対し、この時期どこまで組めるのか。課題多きFWの面々にとっては、今季一番の緊張でした(実は佐々木隆道も「来るなよ」と思っていたらしい…。「五郎に吹っ飛ばされたらどうしよう」とか…)。

 練習を簡単に振り返ると…、デキは上々。普段とはちょっと違うコールに戸惑い(トップリーグでは日常? 昨年はブツブツ?言っていた青木も普通に対応していてビックリ…)、最初のうちは豪快にやられましたが、「途中からは対応できた」(畠山)と言う様に、ワセダにも見せ場はたくさんありました。Bチーム相手には一気の押しでターンオーバーを数回、Aチームはさすがの強さ(前田、青木に佐々木隆道!)でしたが、それでもこの時期にしてはかなり組み合えたという感じです。練習後には、清宮監督、そしてワセダの師匠とも言える中村直人さん、長谷川慎さんにみっちりレクチャー頂き、FWにとってはまさに最高の1日でした。「プロップは皆家族だから」…。その昔清宮監督が発した言葉は、今更ながら名言です。「途中から対応できていたのは収穫だし、色々な話を聞けてすごくよかった。目から鱗だね」と、中竹監督の顔も充実感に溢れていました。

 FW、BKのユニット後に予定していたアタック&ディフェンスは、言葉にするのが難しいほどの豪雨(ラグビーはこんな天候でもやるのか!と言うくらい…)で中止となり、ほんの30分しか練習できなかったものの、それでも『東条組』にとっては収穫アリアリ。「ワセダが来るのはいつでもウェルカムだよ」(清宮監督)…。この日の突然の嵐に思う― サントリーとワセダ、今年は何かが起こります!

 サントリーのみなさん、本日は本当にありがとうございました!



 練習後、噂の?監督室にお邪魔しお話を伺いました。 題して、「サントリー・清宮監督、ワセダを?語る―」


―3ヶ月ぶりのご登場です

 はははっ(笑)、そうね

―すっかりサントリーの監督という感じですが、そんなところにワセダがやってきて、どういった気持ちになったのでしょうか。 何か変な感覚になったりするのでしょうか?

 そんなのはないよ、全然(笑)

―今回の練習は中竹さんからの申し出で実現したとのことです

 そうそう。もう引継ぎのときからやろうって言ってたからね。ワセダが練習に来るのはサントリーとしては全然問題ない。いつでもウェルカムだよ

―初めて一緒に練習したわけですが、ワセダに対してはどういった印象を持たれましたか

 んー、あれだけじゃ分からないよ(笑)。コンタクトを見たかったんだけどね

―FWにとっては今季一番の緊張でした

 そうね。1本目は飲まれてたなぁ。でもその後はよくなってきて…。とにかく今日のあれだけでは分からないよ

―学生の変化を感じるところはあったか伺おうと思っていたのですが、そんなものは分からないと

 うん。そんなんではなかったからね。残念でした

―ワセダのことはどういった思いで見ているのでしょうか。気になりますか、やっぱり

 試合の結果はいつも見てるよ。上井草に行くことはあっても、練習までは見れていないけど。まぁ気にしないとね(笑)

―ワセダの監督とトップリーグ・サントリーの監督とでは、生活のリズムなどは変わったりするのでしょうか

 変わるね、やっぱり。やることは増えているから。毎日8時間から10時間ここ(監督室。ものすごく立派です…)にいるよ。ビデオを見たり、色々と話をしたり。スタッフとの意思疎通がより大事になるからね。そこに時間が掛かるかな

―学生の監督とトップリーグの監督との違い、難しさはどういったところになるのでしょうか

 んー、どうだろうねぇ。まだはっきりとは分からないかな

―昨年ワセダはトップリーグ4位のトヨタに勝ったわけですが、今思えばすごいことだったなと思ったりするのでしょうか。実際にサントリーを指導するようになって、学生がトップリーグチームを倒すことの意義というか意味というか、感覚が変わったり…

 そりゃやっぱりトップリーグのチームが学生に負けてはいけないとは思うかな。でも昨年ワセダが勝ったのは全然フロックなんかではなかったし、今日見てもそんなにワセダと社会人との差はないからね

―今後もワセダとは練習して頂けるとのことです

 うん。これからもやっていくつもりだよ

※次回は6月14日を予定…

―ワセダには挙げればきりがないほどメリットがたくさんありますけど、サントリーがワセダとやる意味はどんなところにあるのでしょうか

 やっぱり違うタイプの相手とできるというのが1番かな。スクラムにしてもそうだし、ラインアウトにしてもそうだし。もちろんBKにも同じことが言える。今日はワセダのBKも見てみたかったよ

※そのBKは久木元コーチ曰く、「ガンガン抜けた」とのこと。短い時間ではありましたが、こちらも収穫アリといったところでしょうか…

―久しぶりにファンの方にメッセージをお願いします。ワセダを応援してくださっている方も、『清宮サントリー』には注目していると思います

 んー、注目されることのありがたみということかな。例えばサントリーのHPで練習メニューを公開したことがあるんだけど、何の反応もなかったんだよね。それで続ける意欲を失くしてさ(笑)、一週間で止めたんだよ。今は週に1,000ページビューずつくらい増えてはいるんだけどね。あれだけおもしろいことをやっているのになかなか…(笑)。そのうちワセダのHPに負けないくらいの情報発信拠点にしたいね(ここでも勝負?)。6月からはブログになります! みなさんに伝えたいことは、本当に注目されることのありがたみということかな

―気になるワセダ勢、がんばっていますか

 おぉ(笑)、がんばってるよ。昨年のメンバー(佐々木、青木、前田)はみんなAチームだからね