早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Beat Up

2024

第6回主務部屋 津々浦々…、ジュニアチームも頑張ってます!

 いよいよ春シーズンも佳境にはいってきました!

 先週は福岡、今週は磐田へ、来週は上井草で帝京戦とてんこ盛りです!わたくしはといいますと、地元でもある福岡でちょっとだけリフレッシュしてきました。

 

 ラグビーは秋が本番と思われる方がいらっしゃるとは思いますが、春シーズンも秋に負けないほど充実しています!なにはともあれ、是非一度試合を観に来てください!きっと後悔はさせないはずです!

 

 Aチームが全国武者修行ツアーを慣行している中、ここ上井草でも下のチームが毎週末試合を行っています!今回はその中から先週行った早稲田C vs 明治Cの感想も含め、Cチームのキャプテンである三原君(4年)に登場して頂きました!

 

1、試合にはいるまえチームとしてどういったことをターゲットにして試合に臨んだ?

 さすがに4年目にもなると年の功という武器があって、毎年早明戦になると、「しっかりした攻撃プランを」っていう考えに凝り固まりすぎて相手の一番強いところに攻めてしまって自滅するっていうパターンをわかっとったけん、最初から思い切ってワイドラインで外に振るっていうのだけは決めとったね。あとは入りの5分間の集中かな。

 

2、前半0-0で折りかえしたときにチームとしてはどう後半は修正していこうと意思統一した?

 攻め方もDFも全然悪くなくて、ただ点数取りきれないことだけが課題やったけん、メンバーには「このままいこう」と。「外で俺らがとってやるけん心配すんな」って言ったね。点数に結びつかんことで、チームに不安が出るのが一番嫌やったので。

 

3、やりたい試合はチームとしてできてた?

 前半の入りのBKのDF、FWのスクラム・モールは、ほぼ理想に近い形やったと思います。

 

4、試合前の明治のイメージと試合後での明治に対するイメージは?

 まあチームが下なんでなんとも言えんけども、FWの圧力がもっとあると思ったけどあんまりなかったみたいね。

 

5、キャプテンとしてどうチームを引っ張った?

 俺は別にラグビーエリートでもないし、努力でセンスのなさをごまかしてきた男やけん、なんとなく同じ雑草たちをまとめるコツみたいなのが自分の中にあるっちゃん(笑)それは言葉では説明出来んけど、自分やったらこう言われたらやる気が出るなあとか、嬉しいやろうなあとか、多分そういうことを考えてるんだと思います。

 

6、今週はシニアに昇格したけど、ジュニアとシニアの一番の違いは?

 闘いかスポーツか、じゃないですかね。ジュニアはまだスポーツやなあって感じがするけど、シニアはもう闘いやもんね。「あ、これは腕の一本や二本、肩の一つや二つ、覚悟せないかんわ」って思わされるのがシニアの激しさやし、それがラグビーの真骨頂やと思います。けんすけとか壁ですよ壁(笑)

 

7、4年に一言!

 なんやかんや言っても4年がやらんといかんですよ。もうラグビーに夢中な姿をかっこわるいとか言って斜に構えてる場合じゃない。それはみんなわかってると思うんで、別に心配もしてないし、信頼してます。というかかつて僕もその一味でした、ごめんなさい(笑)

 

8、チームに一言!

 俺らは中竹さんを絶対に胴上げしてやらないかんよ。これは多分みんな(特に4年)思ってると思いますよ。やっぱりあの時期に継いでくれた監督には恩返しせないかんでしょう。普段は絶対こんなこと言いませんけど(笑)

 

9、ファンに一言!

 本当に毎年たくさんの応援ありがとうございます。月並みですが、本当に声援は僕たちの力です。今、早稲田といえばゆうちゃんみたいになってますけど、うちにもタローちゃん、あゆむちゃん、ついでにたくちゃんとかいうのもいますので、神宮行ったついででもいいので是非とも会場に応援にいらしてください。

 

 みなそれぞれ思うところはあるんですね。これからも、なるべく多くの声をこの主務部屋で取り上げられたらと思います!部員のみんなも声かけたらめんどくさがらないで協力してくれぃ!

 

 次回は今週末の試合のメンバーを取り上げたいと思います!お楽しみに!今回はこのへんで。では。