早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Beat Up

2024

今こそ真価を!『権丈組』、いよいよ勝負の11月へ

 ワセダ、今こそ『Penetrate』で! 多くの気付きを得た筑波戦から一週間、『権丈組』は久々に週末、聖地に腰を据え、みっちり練習。27日(土)には全体ミーティングで進むべき方向を確認するなど、いよいよ始まる本当の戦いへ向けての準備に入った。

 

 筑波戦での反省、さらには帝京戦のポイントを踏まえ、この週末もっと力が注がれたのが、セットプレーと近場のディフェンス。ことに「ちょっと曖昧にしているところがあった」(主将・権丈太郎)という後者については、誰もが神経を尖らせ、練習中絶えず怒号が響いていた。まずは足元から。ここさえ制してしまえばすべてが変わる。ゴリゴリでペースを乱されるのは、もうコリゴリ…。

 

 この期間でひとりひとりの責任、成すべきこと、戦い方を今一度整理(超重要!)してチームひとつに。目の前の相手をひとつずつ。まずは11月11日、秩父宮で‘07-08『権丈組』の真価が問われる―。<ミッションⅠ:赤いカベを貫通せよ!>


<勝負のときへ向け、高まる気持ちを口にする主将・権丈太郎>
「もうすぐ11月、本当にとうとう来たなという感じです。ラグビー以外のことをしているときも、何をするにしても、今はそういうことばかり考えてます。ここまで来るの、ホント早かったです。改めて筑波戦は、悪いところが色々とあったなかで、いい部分もあったという試合でした。ワセダどうした?と思われる方も多いと思いますけど、自分としてはそこまで気になる試合ではなかったですし、こういう時期に、これから始まる大事なゲームの前に、気付けたことは、自分たちにとってすごく大きかったです。そういう意味でも、いい試合でした。次の帝京戦まで3週間。今週はまずユニットに力を入れようとやってきました。プラスしてウェート。スクラム、ラインアウト、本数を多くやるなかで成果が出てると思います。筑波戦で最後やられてしまった近場に関しては、しばらく練習せずに曖昧にしているところがあったので、そこを改めて確認しました。これからの相手、帝京にしても明治にしても、そういうラグビーをしてくると思いますし、逆にそこさえしっかり押さえ込んでしまえばいいということですから。帝京戦、そしてその先に向けてこれから徐々に上げていきます。帝京戦のポイントは、まずセットプレー。スクラム、ラインアウト、モール、キックオフ、要所要所を圧倒できるかに懸かってる。それにもちろんブレイクダウンとディフェンス。1次の攻防で勝つことができれば、自ずと結果はついてくると思います」