早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Beat Up

2024

第11回 主務部屋!?『NTT合同練』

 皆さんこんにちは!副務の永山です。主務の堺さんが教育実習で不在の間、主務部屋を書かせていただきます。拙い部分もあるかと思いますがどうかご容赦ください。
 本日は山下大悟さんを始め、早稲田のOBの方が多数在籍しているNTTコミュニケーションズ ラグビー部様に山下主将を始め18名の選手でお邪魔させていただき、ユニットを中心に約2時間セッションを行いました。

 FWはスクラムとラインアウトモールを中心に行いました。先週の立教戦、FWで勝ちきれなかったと悔しそうに語っていたFW陣は、気合いが入っていたようで社会人の重さに苦しむ場面も見られましたが、スクラムとモール両方でヒットの鋭さを見せていました。


                        FWのスクラムとラインアウト。手応え有り?

 BKは主にセットからのATDFの練習を中心に行いました。体が一回り違う社会人相手に突き刺さる場面が何度もあり、練習後の選手の顔には手応えありといった表情が浮かんでいました。(練習後に選手に感想を聞いたところ評価は人それぞれだったようですが・・・)

                  BKのラインAT&DF。画像が引きすぎててわかりにくいですが・・・

以下、選手のコメントです。

上田竜太郎
100点のスクラムができたかと言われればできていないと思うけれど、今日は11人、目の前の相手に勝とうという意識があって良かったと思う。セットプレーはもちろん固まることも大事だが、それ以前にまずは1対1で勝つことが大事。そこを意識できていたのが今回の収穫。」

山下昂大
「今日は一人一人が激しさをもってプレーすることをアップの時にみんなに話した。疲れてきたらスクラムを押されたり、モールDFでいい入りをしても最後まで潰しきれなかったりと、まだまだな部分も多かったけれど始めに話していたことは出来ていたと思う。」

原田季郎
「まず、胸を貸していただいたNTTの選手の方に感謝したいです。自分たちははっきりと小さいチームなので社会人のような体が大きい選手と練習できることは非常に良い経験だった。今日の練習を次に活かせるよう上井草の練習を頑張りたい。」

 

 NTTコミュニケーションズ ラグビー部の皆さん、今回は合同練を組んでいただき本当にありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願い致します。