早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Beat Up

2024

「”B”oost Up-Aチームに駆け上がるー」【第1回】 吉田有輝×荻野岳志

早稲田スポーツ特集 “B”oost Up-Aチームに駆け上がるー

【第1回】吉田有輝×荻野岳志
 

 第1回はWTB荻野岳志(先理2=神奈川・柏陽)とSH吉田有輝(人2=大分舞鶴)の2年生コンビにお話を伺った。昨シーズンはルーキーながらAチームデビューを果たした2人。ことしも赤黒を着るために――。収穫と反省の春を終え、2人がAチームにかける思いとはどのようなものだろうか。

――春シーズンを終えて、オフはどのように過ごしましたか

吉田:僕はラグビーボールには触れずに、自分のやりたいことというか、アウトドアに遊びに行っていましたね。レンタカー借りて(笑)。

荻野:僕は何やってたかな…。普段やっぱり練習でなかなかできないので、部活のみんなと遊びに行ったりしましたね。

――春のシーズンを振り返っていかがですか

吉田:僕はBチームでずっとやらせてもらってたんですが、まず良い経験にはなったなとは思います。Aチームのリザーブにも何回か入ったんですけどその後コロコロまたメンバーが変わっちゃたりもしたので、もうちょっと落ち着いて上(のチーム)にいられるようになれば良いかな、というのが次の課題ですね。

荻野:Aチームで出させてもらったのが最後の東海大戦なんですけど、東海大戦ではあまり自分の良さが出せなくて、途中から出たんですが流れを変えるようなプレーはできなかったな、というのは反省していますね。でも春を通じてトライ数もきょねんよりはけっこう取れたので、そういう面では自信になった春シーズンでした。

吉田:さすがエース。

荻野:いや、とんでもない(笑)。

――AチームからEチームまで全勝でしたが、今のワセダの強さの秘訣は

吉田:AチームからEチームまで戦術が全部一緒というか偏っていないので、監督の後藤さん(後藤禎和監督、平2社卒=東京・日比谷)の指示というか教えが全チームに浸透していて、その練習が結果に結びついているのかな、と思いますね。

荻野:本当にそうですね。どのチームも練習の雰囲気が良いというか、他のチームが試合するとき、試合に出てないメンバーも本当に選手一体となってみんなを応援するんで、そういう雰囲気は良いな、と思います。

吉田:そうですね。

荻野:最後の東海大戦のCチーム戦(ラストプレーで逆転トライを奪い46-45でワセダが勝利)のときは、本当に。

吉田:あの1点差で。勝ってみんながわあ~って喜んだので。

荻野:最後逆転したときなんかは本当に楽しかったよね。めっちゃ良いと思います、雰囲気は。

――Bチームは全カテゴリーの中で春シーズンの総得点が最多でしたが、Bチームの強さの秘訣は

吉田:普段から(ワセダの)Aチームとやっているので、Aチームとやっているのと比べると他のチームとやっても全然試合中きつくないというか、やっぱりAチームが一番強いな、というのは実感するのでそこの部分が他大のチームとのいちばん大きな差かな、というのは思いますね。

荻野:本当に僕もそう思います。やっぱりワセダのAチームが他の大学より一番強いと思いますし、そういうチームと練習できるというのは幸せです。そのAチームに上がれるように頑張ってる…かな…?

――BKとしての春の成長点は

吉田:きょねんの春は全然キックを蹴らないというか、ずっと自陣から攻めて自分たちが疲れちゃうということが多かったんですけど、ことしはキックも織り交ぜてどんどん敵陣でやろうということを意識してやっているので、その辺りが春の段階できょねんとは違って上手くいっているのかな、というのはすごく思いますね。

荻野:僕も同じように思いますけど、僕自身もそうなんですけどもっと(点を)取れるところで取れていない部分もあった。FWが頑張って走ってくれてるんでBKで3対2、2対1とかの余った状況でとりきれるように合宿で頑張っていきたいですね。

――2年生になり後輩が入ってきて変わったことは

吉田:僕は特にはないです。多少気楽になりましたね、練習とか。1年生が入ってきて一番下じゃないということで、先輩とのコミュニケーションも取りやすくなっているとは思います。でも、そんなに変わったという点は特にないというか、あまり感じないです。

――片付けとかの仕事がなくなった分、楽になったことなどはありますか

荻野:よっしー(吉田)はそうだよね。

吉田:『出し』っていう仕事だったんですけど、練習前に来て、ボールの空気を膨らませたり、スクラム場のセットしたりみたいな、1年生の係は大変なんですけど、それがなくなったのは一番大きいかなと。

――今は練習だけに打ち込めるという感じなのですか

吉田:そうですね。きょねんに比べたら。

――2年生から見た後輩は

吉田:いい刺激だね。

荻野:SHはどう?

吉田:SHは岡田君(一平、スポ1=大阪・常翔学園)とか。

荻野:WTBはみんな怪我しちゃって。FB藤田(慶和、スポ1=東福岡)もそうですし、WTB鈴木亮(教1=神奈川・桐蔭学園)も怪我しちゃって、最近復帰したんですけど。楽しみですね、これから。

――2年生はどのような学年ですか

吉田:まとまりがあるほうだとは思います。

荻野:そうだね。学年で川に行ったりするので。仲良いよね。

吉田:うん、仲良いと思う。

荻野:面白いやつが結構多いですよね。みんなを笑わせてくれるようなやつがいるから、まとまりますよね。

吉田:あと、みんなが嫌がることでも、2年が率先してやっているのを見ることが多いので、いいやつが多い学年だなとは実感します。

荻野:よっしーなんです、そのいいやつ。

吉田:違う違う。岳志、岳志。

――1番面白い人は誰ですか

荻野:笑っている中心には丹野(怜央、教2=札幌山の手)とか。

吉田:丹野、山本(龍平、商2=東京・都武蔵)、清水(新也、スポ2=宮城・仙台育英)。

荻野:でも本当に、いっぱいいるんですよ。

吉田:やっぱり丹野だな。じゃあ丹野で(笑)。

――U-20 に選ばれた3人については

吉田:僕らの学年の中心というか、ラグビーに関してだけじゃなく、私生活とかも、中心になっているやつだと思います。一緒にラグビーやっていても、 やっぱりすごいなと思う部分がやっぱり大きいですね。

――U-20に選出されたSH中尾康太郎選手(スポ2=福岡)はどんな選手ですか

吉田:パスがすごく早いですね。

荻野:サイズがあるね。

吉田:もの応じしないというか、がつがつ行くタイプだと思います。

――なぜワセダに来ようと思ったのですか

吉田:僕は高校1年の時から第一志望にずっと早稲田大学って書き続けていて、念願が叶ったという感じです。なんでワセダに来たかということを考えると、榎本さん(光祐、平23スポ卒=現コカ・コーラウエスト)だったり伊藤平一郎さん(スポ4=大分舞鶴)だったり先輩が活躍していて、ワセダ自体も大学日本一になって強かったので、憧れという部分がすごく大きかったです。

荻野:僕は高校からラグビーを始めたんですけど、ラグビーに誘ってくれた恩師がワセダ出身で、そこからワセダの試合を国立に観に行ったりしたんですけど、観ていてワクワクするようなラグビーだったので。僕は指定校推薦なんですけど、第一志望から第三志望まで全部ワセダって書いて。

吉田:俺も。

荻野:学部はあまり決めてなくて、適当にバーっと書いて…(笑)。

吉田:俺も適当にワセダ、ワセダ、ワセダ、って書いた(笑)。 ──ワセダに来てよかったと思うところはどういうところですか

吉田:ラグビー自体のレベルも高校とは違って全然高いので、いい環境でやれているなと思います。グラウンドとかもこんなに整備されているところは無いと思うんで、恵まれた環境だなと思います。

荻野:環境がいいよね。

吉田:うん。あとは人間関係。いい仲間がいる!

荻野:学校の友達よりラグビー部の友達と一緒にいるほうが時間的にも長いですし、本当にそういった意味で、ね。

吉田:うん。充実してるね。

――後藤監督はどんな方ですか

吉田:後藤監督は一言でいうと…。

荻野:一言でいうと。

吉田:一言でいうと、怖い中にも…。

荻野:愛がある。

吉田:愛がある。(自分たちが)人間的に成長しているなとは思います。

荻野:同じで。あんまり変なこと言えないので(笑)。

――後藤監督になって変わったことは

吉田:去年は殺伐としていたというか、縮こまっちゃっていて。

荻野:緊張感がありすぎたというか。

吉田:今年は和気あいあいとまでは全然いかないけれど、良い雰囲気です。

――自由にやれているという感じですか

荻野:のびやかって感じです。

吉田:そうですね。その中でも緊張感はあるけど、去年とは違ったいい緊張感が。

荻野:あと、メリハリがある。

吉田:フィットネスの時はフィットネスだけに打ち込むとか。メリハリがあります。

――それぞれのポジション争いについてはどうですか

吉田:まだ2年ということは思わずに、上を食っていきたいですね。

荻野:僕は今4年生に本当にすごい先輩が、WTB原田季郎さん(スポ4=福岡・筑紫)や鶴さん(WTB中鶴隆彰、スポ4=福岡・西南学院)以外にも本当にすごい先輩が4年生にいて、他の大学にはこんな先輩はいないので、ことしのうちに勝負して自分がレギュラーをとれるように頑張ります。

吉田:声が小さいよ。

荻野:ことししかないので、4年生に勝てるのは。

吉田:Bチームとして、Aチームに勝ちたいっていつも練習やっているので、そのなかで勝てば上に行ける自信があるので、日々の練習で挑戦していきたいですね。

――人数多い中で挑むというのは

吉田:人数多いというのは別に苦にはなってないというか、その中でいい刺激をお互いにしあえているので、仲いいわけじゃないですけど、良いライバルとして。

――ポジション争いに勝ち抜くための自分の強みはどこでしょうか

吉田:タックル、ディフェンスですね。ほかのSHにはないコンタクト力が自分にはあると思っているので、そこでは絶対負けたくないですね。あとは、もうちょっと、パスがうまくないので、そこは練習して頑張っていきたいです。

荻野:僕はやっぱりアタックに自信があるので、狭いスペースでも1対1の場面があれば積極的に勝負して、外に抜けるような。これからもっとそういう部分を出していけたらいいんじゃないかなと思います。

――それぞれ互いのことを見てどうですか

吉田:エース。

荻野:よっしーは本当に…

吉田:いい、いい。

荻野:ラグビーだけじゃなくて日々の生活だったりで、理想っていうか、周りからも好かれるようなタイプなので。

吉田:この褒めあい何(笑)。

荻野:ラグビーはもちろんですけど、ラグビーじゃない部分も、僕は見習わないと思います。

――例えばどういうところですか

荻野:なんというか、紳士というか。

吉田:いいこと言うなあ。

荻野:悪いことしないんですよ。

吉田:しないだろ普通に。

荻野:本当にいい人、理想。いいやつなんですよね。

吉田:荻野選手は、ラグビーやっている時は、一番かっこいいなと思いますね。ボール持ったら、絶対に前に行ってくれるし、トライとりきってくれるというのは、わくわく感というか、スターですよね。

荻野:言い過ぎ。まあ、普段から仲いいからね。   まずは夏を乗り切る ──8月に入ってすぐ夏合宿がありますが、どのようなことを中心に練習に取り組んでいこうと思っていますか

吉田:夏に体力をつけて、秋冬が本番なので…。夏を乗り切ることが体力をつけることの大前提というか。夏を乗り切ったら絶対に冬とかは楽勝なので。乗り切ることを目標に。

荻野:弱気だな!(笑) 吉田(笑)

──やはり夏合宿は大変なんですね

吉田:真っ黒ですよ。

荻野:焼ける。

吉田:焼けるし、あと(きょねんは)こっちに帰ってきたら3キロ落ちてた。 ──何もしなくても体重が落ちてしまいますか

吉田:はい。

荻野:毎日練習だもんね。

吉田:毎日2部練。朝早いし…(笑)。

荻野:(笑)。 ──朝は何時起きですか

吉田:きょねんは5時とか。仕事があったので。

荻野:出しっていう仕事があったので。

吉田:それでも6時半とかに起きるよね、多分。先輩とかも。

荻野:でもそれで規則正しい生活にはなる。

吉田:健康にはいい(笑)。

荻野:健康に…いいよ(笑)。

一同:(笑)。

──荻野さんは、夏合宿でどんなことを中心に練習に取り組んでいこうと思っていますか

吉田:乗り切ろう(笑)!

荻野:(笑)。まず、合宿の最後に帝京大との試合があるのでそこを。

吉田:それだ(笑)。

荻野:(笑)。そこがひとつの目標ですね、全チームで。

──個人的に練習でどのようなところを中心に取り組みたいですか

吉田:そうですね…80分持つ体力をつけたいですね、個人的には。あとは試合中にまだミスが多いので、個人としてのミスを減らせるように最大限努力はしていきたいです。

荻野:僕は、取りきるところで取る。しっかりひとつのチャンスをモノにできるようにしたいです。

──最後に、秋の公式戦に向けて意気込みをお願いします

吉田:今Bチームなんですけども、最後にはAチームに絡めるように頑張ってやっていきます。それだけです。

荻野:僕も秋の試合で赤黒着て出られるように、そして荒ぶるに貢献できるような選手になりたいと思います。頑張ります。

――ありがとうございました!
(早稲田スポーツ新聞会 大水渚、加藤万理子、栗田麻里奈、近藤万里奈、穂積麻衣、目黒広菜)

早稲田スポーツページ