早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Beat Up

2024

第三回 週刊ワセダラグビー 縁の下の力持ち

こんにちは。
新四年SHの平野航輝です!
今年から始まった週刊ワセダラグビーは山口と共にしっかり更新していきます。
選手の気になるところを選手目線で紹介していきますので、今後もよろしくお願いいたします!
 
第三回は主務・副務の池ちゃんこと池田と近ちゃんこと近田です!
 
 
――――――主務、副務として今シーズンどう過ごしていきたい?
池田 去年と同様に早明戦プロジェクトに関わっているので、今年も同じように早明戦を盛り上げることができたらなぁと。国立でプレーするとかのラグビー選手として憧れの場を整えることは主務としてやりがいを感じるけど…やっぱり一選手として出場できるようになりたい!選手としての目標(公式戦出場)があるから、満員の状態などの環境を主務として作っていけたらなぁ。
近田 僕が副務になった理由は去年もテーマでしたが『人間として自立』したかったからですね。これから社会出ていくうえで自立していく必要があると感じ、副務をすることで人間として一つ成長できるのでないかなぁと思い。でも一選手でもあるので、アカクロを着るために寮に入ることでラグビーにより近く接することができる。大袈裟かもしれないですけど、ワセダラグビーは日本ラグビーの中心的な存在の選手が多いじゃないですか?ワセダラグビーが変われば日本のラグビーも多少は変わっていくと思い、そう考えると副務であったり、選手をすることがとても楽しいなぁと思って。
池田 そんなことまで考えているの?すごいなぁ(笑)結局主務業から離れることがないから、オフでもラグビーのこと考えているしね。
近田 よりワセダラグビー人になれたというか。この組織っていろいろな人に支えられたいるんだなぁと感じます。
 
――――――主務・副務から見る学年の色は?
池田 新四年生は泥臭いっていうか(笑)したっぱ根性がすごいと思う。正直今いる学年の中で、本気で緊張感があったのは新四年くらいだと思うんだよね。だからこそ横のつながりが強くなっていったしさ。新三年生はみんなよく考えていると思うよ。
近田 実はみんなまじめなんですよ(笑)最近思ったのはみんな根が暗い!そう考えると、一平(3年 岡田一平)みたいに根っからうるさいやつが実はいなくて。一平がいなかったら学年が回らないというか。起爆剤が少ない(笑)
池田 新二年はラグビーが大好きなんだと思うよ(笑)タッチフットとか好きだし。新二年でいい意味でも悪い意味でも集まるかな。もう少し他の学年とコミュニケーション取れればもっとよくなれると思うよ。
近田 たしかに(笑)まだ一年しかいないししょうがない面もあると思いますけどね…でもキャラが濃いからおもしろいよね。ラグビーオタク多いですよ(笑)何にでもチャレンジもしますよね。いろいろなトレーニングに手をだすし。
 
――――――オフの日は何しているの?
池田 就活しているのだけど、乗換駅で途中下車してその駅で散歩したりして(笑)自分の知らない世界を知れるっていうか。息抜きにもなるし!近田は?
近田 買い物が楽しい!家具屋とかに入って自分の部屋を妄想します。あの辺にこの家具をおいたらどうなるかなぁとか。収納スペースとか作れたりするのではないかとか。
池田 アンティーク系なのね(笑)でも楽しいかも。
 
――――――上井草でのお気に入りの場所は?
池田 一番落ち着かないのは主務部屋!でも最近100ロー(100円ローソン)のおばちゃんとすごく仲良いんだよね。行くと必ず会話する。
近田 あっ、黒木瞳に似ている人いません?(笑)
池田 髪切った?とか聞いてくれるし!
近田 アオヤギでコーヒー飲んでいるときとかですかねー。商店街にあるコーヒー屋は一度いってみたいですね。
 
――――――次回の選手の紹介してください!
近田 CTBの人は一見おちゃらけているけど、実は熱き思いを秘めた男ですね。去年の4年生には部室を笑わせてくれる先輩がたくさんいたんですけど、卒業してしまったので…。
今はこの人が回していますね(笑)
池田 FBの方はとりあえず話が長い!思いがこもって熱く語ってしまう。すごいいいとこ
ろだけどね(笑)あとは整理整頓がきちんとできるかな。
 
 
いけちゃん、近田ありがとうございました!
高校から同じということもありとても仲が良い部屋で、真面目な空気がありつつも実は楽しいことが大好きな二人でした。
 
 
以上第三回週刊ワセダラグビーでした。
 
写真は左から
主務池田
副務近田
 
 
次回の更新4/16日(水)です。