早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

第15回 主務部屋  「五郎丸 歩選手トークショー 早大生が世界で活躍するには・・・ ~ラグビーワールドカップ2015で大活躍された五郎丸選手(2008年スポ卒)に聞く~」

第15回 主務部屋 
「五郎丸 歩選手トークショー 早大生が世界で活躍するには・・・
~ラグビーワールドカップ2015で大活躍された五郎丸選手(2008年スポ卒)に聞く~」
 

 
こんにちは。
主務の近田です。
 
はじめに12月6日(日)に秩父宮ラグビー場で行われました対抗戦 明治大学戦をご観戦頂きました皆様、誠にありがとうございました。
伝統ある早明戦ということで多くの皆様にご来場頂き、白熱した試合展開が繰り広げられました。結果は24-32と敗戦致しましたが、課題・収穫ともにある試合でした。
 
12月2週目より大学戦選手権セカンドステージに突入致します。
以下の会場・日程で実施されます。皆様のご来場をお待ちしております。
 
第52回全国大学ラグビー選手権大会 セカンドステージ
12月13日(日) 14:00 K.O. vs 天理大学 @東大阪市花園ラグビー場
12月20日(日) 11:40 K.O. vs 朝日大学 @秩父宮ラグビー場
12月27日(日) 14:00 K.O. vs 東海大学 @江戸川陸上競技場
 
 
今回の主務部屋では12月7日(月)に早稲田大学・大隈講堂で行われました五郎丸 歩選手(2008年卒 スポーツ科学部出身 ヤマハ発動機ジュビロ)のトークショーについてご報告をさせて頂きます。
 
イギリスで開催されていたラグビーワールドカップ2015で大活躍された五郎丸選手を母校である早稲田大学にお招きし、活躍の裏側にある努力や早稲田大学への思いをお話し頂きました。弊部からも約50名の部員が参加をさせて頂きました。
 
当日は9:00開場にかかわらず8:00頃には多くの学生やファンの方が集まり、長蛇の列が出来ておりました。その様子はまさに世のラグビーブームを表していました。
 
 

 
五郎丸選手が入場されると大きな歓声が巻き起こり、その大きさに驚かされた部員は少なくありませんでした。五郎丸選手へは早稲田大学スポーツ新聞会の学生から競技を中心とした質問、加えて早稲田大学在学時の大学生活に関する質問がされ、その答えには時折会場からは笑い声が巻き起こっていました。
日本代表でハードトレーニングを重ねて結果を勝ち取られた五郎丸選手の言葉には重みがあり、部員も鋭い目を五郎丸選手に向けていました。
 

藤田 慶和(副将 FB スポーツ科学部4年 東福岡)が話題になる場面も。
 
五郎丸選手と同じく佐賀工業高等学校出身である江副 希典(No.8 社会科学部3年 佐賀工業)には「日本人は海外の人に憧れる傾向にあるが、日本人にも長けた部分はたくさんある。外国人に勝てないということは絶対になく、やれば出来る。」という言葉が大変印象に残っているそうです。信じてやりきることをこれからも大事にしていきたいと述べていました。
 
 

トークショーの最後に五郎丸選手とともに早稲田大学校歌の斉唱とエールを行いました。
 
最後に五郎丸選手を囲み、校歌の斉唱と五郎丸選手へのエールを送りました。
校歌斉唱時にはトークショーへ参加させて頂いた部員の4年生が檀上に上がり、五郎丸選手と並び校歌を歌いあげました。五郎丸選手と横になった五十嵐 隆介(No.8 教育学部4年 早大本庄)の顔は少し緊張が原因か、こわばっていました。
 
これから負けられない試合が続く弊部にとって五郎丸選手のお話しは大変貴重となりました。まず自らの前にあることに一生懸命取り組み、五郎丸選手と同じ日本一を勝ち取るように精進していきたいと思います。
 
以上、第15回主務部屋でした。
ありがとうございました。
 
 
 
画像提供:早稲田大学広報課