早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

【新入生紹介/第20回】西浦剛臣(社1=HamiltonBoys’HighSchool) by早稲田スポーツ新聞会

――ラグビーを始めたきっかけを教えてください
父親がラグビーをやっていたので、小さい頃からラグビーボールには触れていたんですが、小学1年生の時に父親に連れられてラグビースクールに入ってプレーし始めたのがきっかけです。

――早大を選んだ理由は何でしょうか
大学でもラグビーを続けたいという気持ちがあったので、文武両道でできるというのに魅力を感じました。自分が学業で追い求めたいこともありますし、早稲田ラグビーも関東の対抗戦で良い成績を残しているので高い質でラグビーができることと学業でも自分のやりたいことができるので早稲田を選びました。

――ラグビー人生におけるターニングポイントはありますか
二つあるんですが、一つ目は小学5年生の時にインドネシアに移住した時に、ラグビーをやる環境がなかったので大人の人たちに混ざってラグビーをやっていたことと、ニュージーランドの留学ですかね。

――自分が思うラグビーの魅力は
プレー面で言うと、走る、当たる、キック、パスという多様さと、自分の強みを生かしてチーム全体に貢献するという部分。弱い部分はありながらもそれを補い合ってチーム全体でプレーするOne for all,all for oneの精神というものはラグビーをやっていて好きなところです。

――自分の強みはどこにありますか
アタックで多少コンタクトを受けながらもスペースを使いながら突破することだと思います。

――憧れの選手はいらっしゃいますか
河瀬さん(河瀬諒介、スポ4=大阪・東海大仰星)です。河瀬さんは自分がFBをやっていた時の理想的なプレーをしていたので、すごく憧れています。

――自分が一番思い出に残っている試合とその理由を教えてください
ニュージーランドでのU15の全国大会の決勝がすごく思い出に残っています。これは悪い意味でなんですが、自分の思ったプレーが全くできず、しかも脳しんとうで途中交代してしまって、決勝でこういうプレーをしてしまう自分に腹が立ったのと、負けてしまってもっと上達しようと改めて思えた試合だったので、その試合が一番思い出に残っています。

――直近の目標を教えてください
できるだけ早く上のチームに入りたいなというのがあります。あとは体格が細身なので、筋肉で体重を増やしていけたらなと思っています。

――早大4年間の目標はいかがですか
自分が赤黒を着て、日本一になることが自分の目指しているところです。