早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

【新入生紹介/第22回】深堀雅聡(スポ1=福岡・東筑) by早稲田スポーツ新聞会

――ラグビーを始めたきっかけは何ですか
中学2年の時に陸上部の友達に誘われたことがきっかけです。

――陸上部とラグビー部ではどのような違いがありましたか
今までスポーツをしたことがなかったので慣れないことばかりでした。自分が思った通りにパスができず、チームに迷惑をかけたこともありました。

――早大を選んだ理由、ラグビーを大学でも続けようと思った理由を教えてください
今までやってきたラグビーの結果に満足できていないということが理由です。ラグビーを続けている中で全国大会に出たことがなく、早大は日本一を目指せる環境だと感じたため入りたいと思いました。

――一番思い出に残っている試合を教えてください
高校の引退試合です。その試合は自分のパフォーマンスが良くなかったため負けてしまいました。普段ならもっとやれたと感じたので印象に残っています。

――自分が思うラグビーの魅力を教えてください
誰でも何かしらの役割があることが魅力だと思います。ラグビーはチーム全員が協力しないと勝てない競技なのでひとりひとりの努力が大切だと思います。

――ご自身の強みを教えてください
スピードです。怖がらずに突っ込んでいけることも強みだと思います。

――ご自身にとってラグビーとはどのような存在ですか
人生で一番優先されるもので、生活の軸です。

――感謝を伝えたい人はいらっしゃいますか
両親です。自分のわがままで急な時期からラグビーを始めさせてもらいました。大学も私立に通うためにお金を出してもらったので、そういった面でのサポートにも感謝しています。

――憧れの選手はいらっしゃいますか
相良昌彦選手(社3=東京・早実)です。勉強熱心で、試合を見ていてすごいなと思います。自分もいつか相良選手のようになりたいと思います。

――現在の目標を教えてください
今は少しでも身体を大きくして一日でも早く試合に出たいと考えています。

――早大4年間の目標を教えてください
レギュラーに定着して日本一になることです。