早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

【部員紹介/第59回】下原一輝(3年・CTB・早大学院)

早稲田大学ラグビー蹴球部に所属する2~4年生の選手・スタッフが相互インタビューで
理解を深める連載企画、第59回は下原一輝(3年・CTB・早大学院)。

取材:相良昌彦 構成・写真:早稲田大学ラグビー蹴球部広報 

挑戦し続ける。

高校3年次の最後の東京都予選で早実に勝つことを目標にラグビーしていたが、早実と試合する前に成蹊高校に負けてしまい、不完全燃焼で高校ラグビーを終えてしまった。早稲田大学ラグビー蹴球部に入ったのは、高校時代にやり切れなかったラグビーをやり切るためだ。

そんな高校時代のラグビーへの取り組みに後悔もしている。早大学院時代からの同期であり共に高校からラグビーを始めた鏡や先輩の田中智幸さんが一軍で活躍していて、自分は一番下のチームにいる。その原因を突き詰めると、高校時代ラグビーへの取り組みが甘かったと感じている。

今年はシニアカテゴリーで試合に出ることが目標だ。1年の始めはアカクロに現実味を感じていなかったが、大学選手権優勝をスタンドで見てからモチベーションが高まった。試合に出るため、オフ期間にジムに通い体脂肪を削って体を作り、強みであるアタックでボールタッチを増やして存在感を見せたいと思っている。

今は一番下のチームにいるので、自分がレベルアップすることで上のカテゴリーの選手にプレッシャーをかけ、部内競争を盛り上げることをしたい。

下原にとって早稲田ラグビー部は挑戦する場所だ。高校時代、限界までやらなかったラグビーに対し、日本一を目指す集団である早稲田のラグビー部で挑戦し続ける。