早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Beat Up

2024

トレーニングマッチ 流通経済大学C戦/観戦記

今季、チーム佐藤の強さを示した早慶戦からの流れを繋ぎたい一戦。春季大会の幕開けを迎えるAチームに勝利のバトンを渡すことができるか。早大Cと流経大Cの試合が行われた。

ゲインラインを突破するCTB谷司馬人(教3=東京・早実)

試合開始早々、流経大Cのノックオンにより、敵陣でチャンスの場面が訪れるも、トライに繋げることができない。前半3分、早大Cのペナルティーから流経大Cがモールで押しこみ、ファーストトライを許す。その後も流経大Cの激しいディフェンスを前に早大Cは反則を重ね、悪い流れを断ち切れない展開が続く。前半10分、センタースクラムから早大Cは素早いテンポのアタックで相手のペナルティーを誘うと、SO島田隼成(スポ1=福岡・修猷館)がタップで再開し、スコアを振り出しに戻したものの、流経大Cのフィジカルに苦戦し、前半24分と31分も立て続けに失点し、14点のリードを許してしまう。

しかしこのまま終わる早大Cではなかった。「コーチ陣からの指摘ポイントを的確に修正できたことで、スクラムで押し勝つことができました。」とLO小林光晴(文1=福岡)が語るように、前半32分、素早い修正でスクラムを押し返すと、流経大Cはペナルティーを重ねる。そのチャンスをSO島田は見逃さず、クイックスタートで自らトライをもぎ取った。

この得点で流れに乗り出した早大Cは前半終盤の37分、途中出場のPR池田裕哉(スポ4=東京・明大中野)がジャッカルでさらに勢いをつけると、No.8玉川皇一(創理3=東京・青山学院)を筆頭に激しいアタックを続け、流経大Cが反則を誘う。すかさずFL山田凜太(法2=茨城・茗渓学園)が追加点。19-21と点差を縮め、追い上げムードで試合を折り返す。

攻撃の起点となる活躍を見せたSO島田

後半開始早々、マイボールスクラムから、FB山下一吹(教3=東京・早実)のゲインで流れを作ると、SO島田が相手の反則をクイックで再開し大きくゲイン。アタックの流れを作る。

交代メンバーの活躍によりスクラムを圧倒した早大Cは、後半12分、スクラムからゲインを重ね、FL原田恒耀(スポ2=福岡・修猷館)がインゴールをこじ開け、逆転に成功しスコアを26-21とした。続く後半17分、セットプレーから大外でボールをもらったWTB小貫壮太(教2=東京・早大学院)が持ち前のスピードで相手ディフェンスを置き去りにしインゴールを駆け抜けると、試合の流れはさらに早大Cのものに。後半35分、SO島田から、途中出場のFB佐々木豪正(文2=東京・早実)、そしてWTB小澤アンディ(法3=千葉・流経大柏)にパスを繋ぐと、追い討ちをかける追加点。

BKのサインプレーでも強さを見せると、試合終盤の44分、WTB小澤が今試合4度目のインターセプトに成功。FB植木太一(人1=神奈川・関東学院六浦)に繋ぎ、ダメ押しのトライを決めて52-28。試合の終止符を打った。

力強くボールキャリーするNo.8玉川

前半、流経大Cの激しいディフェンスに苦戦した早大Cだったが、最終スコアは52-28と勝利を確実なものとして、チーム佐藤の粘り強さを示してくれた。前半の辛い状況に打ち勝ち、勝利を収めた今試合は、『Beat Up』を、選手一人一人が日々体現しようと上井草で奮闘する姿を彷彿とさせた。SO島田をはじめとするルーキーの活躍は、今後のメンバー争いをさらに激化させていくに違いない。全カテゴリーで勢いに乗るチーム佐藤の快進撃はまだまだ終わらないだろう。

記事:堀内遥寿 写真:西川龍佑(早稲田スポーツ新聞会)