早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Tough Choice

2022

2021.04.04 1st Club Meeting Waseda Athlete Program編

平素より早稲田大学ラグビー蹴球部の活動に温かいご声援をいただきありがとうございます。

今回は4月4日に開催した1st Club Meetingにて大田尾監督が示したTeam Concept( ※)の中から、「人材育成」軸に登場する「Waseda AthleteProgram」をご紹介いたします。

「人材育成」軸では、Team Concept としてラグビー蹴球部が進める部員の自己成長の取り組みに加えて、学業との両立など早稲田大学生としての本分を果たすべく「Waseda AthleteProgram(早稲田アスリートプログラム=WAP)」にも引き続き参画をしていきます。

1st Club Meetingでは、佐藤総務が改めて「WAP」について説明しました。

WAPとは早稲田大学競技スポーツセンターが中心となり提供する”学生アスリートの育成プログラム”のことで、早稲田スポーツの体現者であるすべての体育各部の部員(44 部/約2,700 名)を対象に、学業と部活動を両立して社会性と豊かな人間性を兼ね備えた人格形成を目指すプログラムとして2014年度より実施しています。

本プログラムは、学生アスリートの「人格陶冶のための教育プログラム」と、各学期ごとに取得すべき基準単位を設定し標準修業年限(4年間)で卒業できるようサポートする「修学支援」の2本の柱から成り立ち、年次目標が定められています。

2014年度より毎年度の実績を積み上げると同時にプログラムコンテンツの改良が継続されているこの取り組みが、高いレベルで文武両道を実践する学生アスリートを育成し社会を支えるグローバルリーダーを輩出することで、我が国の大学スポーツの新たなモデルとなり、スポーツ界のみならず社会全体の発展に寄与することをめざします。

1st Club Meetingでは、佐藤総務が改めて「WAP」について説明し、入部すると大学から全員に配布される専用テキストを読むことを部員たちに伝えました。

次号では、現役委員会メンバーが「人材育成」軸の進め方を議論した様子をご紹介します。

※大田尾監督が就任するにあたり示した今後目指すチームづくりの考え方であり、チームがシーズン毎に掲げる「チームスローガン」とは別です。内容は 第3回記事 をご覧ください。2021 年度のチームスローガンは こちら

記事・写真:早稲田大学ラグビー蹴球部広報