早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

【新入生紹介/第28回】宮尾昌典(スポ1=京都成章) by早稲田スポーツ新聞会

——ラグビーを始めたきっかけを教えてください
僕の父と兄がラグビーをしていて、僕がそれを見に行って、遊び感覚でボールを触ったというのがきっかけです。

——早大を選んだ理由、ラグビーを大学でも続けようと思った理由を教えてください
まず、早大を選んだ理由としては、昔からずっと早大には憧れを持っていました。中学生ぐらいからずっと早大に行くと自分に言い聞かせているというか目標にしてやっていて、早大でやってみたいというのが一番強かったので、選ぶときに早大しかなかったですね。

 ——それでは、早大から声がかかったとき、嬉しかったですか
そうですね。早大に入れるようにしっかり試合に出てアピールして、行けるように頑張っていました。

——ラグビー人生におけるターニングポイントはありますか
中学校1年生です。中学校からラグビーを真剣にやろうと決めて、それまでは水泳と両立していて、どちらを続けるかわからない状態でした。しかし、中学校1年生の時に、僕の二つ上の先輩が僕のチームのキャプテンをしていて、そのキャプテンをしている姿が、格好良くて憧れて、真剣にラグビーを中高、そして大学までしっかりやりたい、自分が行けるところまで挑戦し続けたいと思いました。

——自分が思うラグビーの魅力はありますか
それはノーサイドじゃないですかね(笑)。試合であれだけ体を張っていて、たまに喧嘩をするようなスポーツで、勝敗が決まった瞬間に、お互いにありがとうと相手に敬意を持って伝えられるようなスポーツが、ラグビーの魅力ではないかなと思います。

——自分の強みはどこにあると思いますか
まずは、試合中にしんどい時間帯は絶対あると思うのですが、そういうときに体を張れるというのも自分の強みでもあるし、自信があります。そのために走るとか、絶対に負けられない試合で勝負強い、というのも強みではあります。

——同じ早大では同じポジションに河村選手(河村謙尚、社4=大阪・常翔学園)、小西選手(小西泰聖、スポ3=神奈川・桐蔭学園)、島本選手(島本陽太、スポ2=神奈川・桐蔭学園)と有力選手がいらっしゃいますが、印象はいかがですか
非常に見て学ばせてもらっているというのもありますし、僕にないものを持っている、人それぞれにいろいろな強みがあると思うのですが、その自分に無い強みを先輩方から学べるように練習中に見て、わからなかったら聞いて、教えてくださることもあって、目標にしているというかライバルという見方で、これから頑張っていきたいなと思います。

——早大の現役の1年生から4年生の中で憧れの選手はいらっしゃいますか
憧れというよりライバルという感じです。憧れとかは特に無いです。目標にしてないわけではないですけど。

——自分にとってのラグビーとは
日常ですね(笑)。私生活みたいな。ラグビーが無いとやることが無いし、自分の強みでもあるので、ラグビーを続けたいなと思っています。

——直近の目標を教えてください
僕は、大学に入る前にけがで手術をして今は直している状態で。あと1カ月半くらいで復帰できるのですが、初めがみんなから一歩二歩遅れている状態からのスタートなので、きちんと練習できるようになってから、自分の強みをしっかりとチームのほうに出してアピールして、これから先全国大学選手権や関東大学対抗戦に絡んでいけるように頑張ろうと思います。

——早大4年間での目標を教えてください
個人的な目標としては、U20とJr.ジャパンに入ることが目標です。そして、早大の目標、自分も目標にしているのですが、しっかり『荒ぶる』をつかめるように日々努力し続けたいなと思っています。