早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

【新入生紹介/第30回】守屋大誠(政経1=東京・早実) by早稲田スポーツ新聞会

――ラグビーを始めたきっかけを教えてください
父親が高校、大学、社会人とラグビーをやっていて、その影響で父に勧められて始めました。

――早大を選んだ理由、ラグビーを大学でも続けようと思った理由を教えてください
父親が早大出身で、その影響で早大に憧れました。高校からずっとやっていたので大学でも続けようと思いました。

――ラグビー人生におけるターニングポイントはありますか
高校1年生の時に花園に出場したことです。当時1年生だったのでチームの中心ではありませんでしたが、全国の舞台を経験できたことは非常に良い経験だったと思います。

――一番思い出に残っている試合とその理由を教えてください
高校3年生の時に出場した花園予選の東京都の決勝です。当時キャプテンであり、3年間ずっと試合に出させて頂いていたのですが、2年の時の決勝で負けたリベンジを果たすという意味でも絶対に負けられない試合でした。

――ご自身が考えるラグビーの魅力とは何ですか
チームスポーツで、お互いにカバーしたり高め合ったりしながら一つの目標に向かって皆で向かっていけるところだと思います。

――ご自身のポジションの強みはありますか
全体を見るポジションだと思うので、チームメイトほぼ全員に目を向けながらプレーできるということは強みだと思います。

――ご自身の強みはどこにありますか
パスとランです。

――ご自身にとってラグビーとはどのような存在ですか
自分の人生においてなくてはならないものだと思います。

――感謝を伝えたい人はいらっしゃいますか
両親です。ラグビーをやる上で両親のサポートが大きいと思います。

――憧れの選手はいらっしゃいますか
吉村紘選手(スポ3=福岡・東福岡)です。ずっと試合に出場していて格好いいと思います。

――現在の目標を教えてください
まだ体はできあがっていないのでウエイトトレーニングをして大学で通用する身体を作っていきたいと思います。

――早大4年間の目標を教えてください
なるべく多くの試合に出場して大学日本一を取りたいです。