早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

【部員紹介/第28回】石郷岡史弥(2年・レフリー・早稲田実業)

早稲田大学ラグビー蹴球部に所属する24年生の選手・スタッフが相互インタビューで理解を深める連載企画、第28回は石郷岡史弥(2年・レフリー・早稲田実業)。


取材:京山秀勇 構成・写真:早稲田大学ラグビー蹴球部広報


人間としても成長する。

小さな頃から早稲田ラグビーを観ていて、いつの間にか憧れを抱くようになった。早稲田に進学しラグビー部に入るため、中等部から早稲田実業に入学する。

石郷岡に話を聞くと、悔しいことや後悔をしていることがあまりなく、そのポジティブさや器の広さが素直にすごいと思った。

そんな彼の今の目標は自分にとって最も重要なレフリングを、この恵まれた環境の中でしっかり勉強し、人間としても成長していくことだ。

彼の話の端々から早稲田ラグビーに対する憧れや、彼のまじめさが伝わってきた。早稲田ラグビーを通して、自分の仕事であるレフリングだけではなく人間としても成長を目指しており、素晴らしいと感じた。

レフリングの向上は日々の練習のクオリティを上げ、試合での反則を減らすことにつながる非常に重要な要素だ。今季の早稲田が躍進した時、その陰には彼をはじめとする学生レフリーの貢献がきっとある。なかなか表には出てこないそんな活動にも想いを馳せてもらえるとうれしい。